Top > マラソン未分類 > 三浦国際市民マラソン
2013年03月04日

三浦国際市民マラソン

三浦国際市民マラソン(ハーフ) に参加してきた。

20130304.jpg

・起床からレース前まで
5:00起床。シャワー浴びてテーピング。New-HALE Xテープを捻挫している左足首に2枚、右足首に1枚。膝周りは最近気にいっている方法で。長さは徐々に短くして50cmで落ち着いた。

時間が余ってしまいブログを更新してみたり。朝食を済ませて余裕をもって出発。今日は、事情により北久里浜まで車で行って、会場までは自転車で。ダウンを着ていったので暑いくらい。ケイデンスあげてアップ代わりに。途中コンビニに寄りつつ8:40頃に到着。会場近くの駐車場の邪魔にならなそうな所に駐輪する。鍵は不安なので2個かけた不要なヘルメットやロード用シューズなどはバックに入れて自転車の脇に置いた。有料預かりもあったが800円ケチった。盗られたら損害は800円どころじゃないけれども。。

スタート地点へ向かいつつ、トイレを探すがどこもかなりの行列。少し離れたサンクスへ行ったら数人待ちで正解。用を足し、ウイダーinゼリーを買って補給。9:25頃、スタートの列に並んだ。

今回のレースは練習という位置づけ。ほとんど走れてないし、まだ膝にも不安があるため。序盤ゆっくり入って、問題なければ後半ペースを上げるイメージ。タイム的には2:00切れれば十分。

新しく購入したUltimate Direction PB Adventure Vestをテストのために背負う。メインの荷室には、ダウンジャケットや着替えを詰め込み、2つのボトルは満水状態。IZU Trail Journeyの時と同程度の重量になるようにした。シューズはランシューだが、ロードレースにトレランの人が紛れ込んだという趣だ。

ストレッチしながらスタートを待つ。風も弱く、日が出てきて暑くなってきたので、ネックウォーマー、キャップを外し、Houdini Jacketも脱いだ。Craftの化繊の長袖の上にPatagonia Air Flow Tを重ね着。インナーはいつもの通り、finetrack フラッドラッシュパワーメッシュ ノースリーブ。下は、2XUのコンプレッションショーツにNikeの短パン。finetrackのボクサーショーツをインナーに。

・レース
9:37号砲。まるで進まない。予想タイム2:00〜2:09の列に並んだのもあり、スタートロスは湘南国際マラソンの時より長い4:58。朝から膝の調子が今一つでスタートからしばらくはおっかなびっくり。最近の傾向通り、走り始めは心拍が170まで跳ね上がる。落ち着いたのは2kmを過ぎた頃。心拍150で6:00/km。これが今の実力。

しばらくすると10kmの部の折返しの選手を通すため、片側1車線しか使えなくなった。ただでさえ大人数なのにかなり窮屈に感じる。三浦霊園へ向かう道も細く、緩やかに登っていくので集団のペースが落ちる。止まるほどではないものの、人1人分位の隙間を探しながら右へ左へ移動しながら抜いていく。

後方スタートだと、基本抜けるので気持ちはよいが、抜くのに無駄な体力を使うことになるので良し悪しだ。

この頃には膝も温まり、ほぼ不安なく走れるように。三浦霊園のきつめの坂を登りきり、4kmぐらいまでは6:00/km前後で。少しタイミングが早いかと思ったが、下りに乗じてペースを上げて5:15/kmぐらいまで。心拍は170を行ったりきたりだが、きつくは感じず、むしろ気分がよい感じ。脚に痛みを感じず走れる嬉しさと相まって、これがランナーズ・ハイなのかなどと考えながら進む。

途中、前の人を抜かすために、道路を外れて畦道に上がろうとした際、右足首を危うく捻りそうになる。テーピングしていてよかった。

城ヶ島大橋を渡り、下っていくとテンポの良い太鼓の演奏が。これは反則。知らず知らずのうちにペースが上がってしまうではないか。折り返して、また、城ヶ島大橋を渡る。向かい風に変わり、時折吹く強い風に寒さも感じる。脚もきつくなってきた。

あとは我慢の走り。いつも自転車で通る道なので、次はあそこの下り、登りと分かっているのに、自転車とのスピードの違いを頭の中で調整ができず、次のポイントまでが遠く感じる。

何度か訪れる登りでペースは最大5:45/kmまで落ちたが、何とか持ちこたえて、残り3kmでグロスで2時間切れるかどうか微妙なライン。気張ってペースを上げたら心拍が190越え。やばいと思ってペースを緩め、2時間はあきらめるもペースは維持してフィニッシュ。

・ゴール後
ゴール後、歩いたら一瞬血の気が引いた。そして腸脛靭帯が固まり痛みが。砂浜が腸脛靭帯に優しい。チップを返し、記録証を受け取る。とてもスムーズ。風が強く体が冷えるので、自転車まで急いで戻り、着替え。置いておいたバックは無事だった。着替え後、再度会場へ。抽選会(外れた)、参加賞のTシャツを受け取り、何か食べたいと思ったが、どこも行列で時間がかかりそうだったので、帰ることに。脚にきていて自転車はヨロヨロ。近くのセブンイレブンに寄り、肉まん、コーヒーで体を暖めた。あとチョコエクレアも。

・感想
湘南藤沢市民マラソンの時よりは、ペースは遅かったが、今回は起伏のあるコースだったし、最後まで集中して走れたのは良かったと思う。右の腸脛靭帯が気になったのは、レース中の序盤だけ。ロキソニンに頼ることもなく走れるようになってきたのは収穫だ。ただ、5:00/kmで走りきるイメージはまだ全然持てない。少しずつランニングを再開して、秋にはフルでサブ3.5を達成できるように持っていきたい。Ultimate Direction PB Adventure Vestは、とても快適。揺れも気にならず、腰も痛むことがなかった。




関連記事
背負い心地よし「Ultimate Direction PB Adventure Vest」(2013-02-27)
New-HALE Xテープの作り方(2013-02-10)
腸脛靭帯炎対策にテーピングの方法を変更してみた。(2013-02-03)
湘南藤沢市民マラソン(2013-01-28)
IZU Trail Journey 伊豆松崎・修善寺間山岳競争大会にエントリー(2012-10-16)
finetrack フラッドラッシュパワーメッシュ ノースリーブ(2012-07-19)

ブログランキングに参加しています。
役に立ったよ!という方はワンクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
posted by adaret at 13:01 | Comment(0) | マラソン未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...