Top > 大田原マラソン > 大田原マラソンに向けて30km走2
2013年10月06日

大田原マラソンに向けて30km走2

10/5(土)に30km走を実施。前回の30km走は9/21(土)。ちょうど2週間前。

同僚のサブ3ランナーに聞いたら、レースペースだと故障のリスクが高くなるので、15〜20秒落としたペースで十分と。楽なのは歓迎。即採用。ただし、レース1ヶ月前までは毎週やった方がよいと。最後は40km走でとも。これはきつい。サブ3.5への道のりは険しい。。

DSC_0845.JPG

前回は、材木座と七里ヶ浜駐車場間を3.5往復して途中で飽きてしまったので、今回は、材木座スタート、茅ヶ崎サザンビーチで折り返すコースにした。設定ペースは5:15/km。小雨で肌寒いのは気にならないが、風が強くよいコンディションとは言えない。

アップしながらスタート地点の材木座まで移動。ここ数日より幾分気温が高めか。

5:30にスタート。最初の1kmは5:35/km。走り出しがいつも遅いのは課題。時計を頻繁に見ながら調整して落ち着かせる。2kmから19kmは5:10〜5:19/kmで。わずかにアップダウンがあるので上下5秒は許容範囲。
ただ、1km単位で無理矢理まとめてる感じ。ペースを一定に保つのはスピードの上下による無駄なエネルギーの消費を防ぐため。まだ無駄が多いのか。体感で一定の負荷で走れていれば問題ないか。

サザンビーチで折り返すつもりが、面白みにかけるように感じてきて、20kmまで行ってから折り返すことに。湘南大橋の気温は16度。北風にあおられてまっすぐ進めない。

19km過ぎ、歩道がなくなってしまい、海岸のサイクリングロードへ。漁港を通って再び湘南大橋。登りがあったりで5:24/kmまで落ちる。脚に疲れが出始めるが、心肺は余裕があるのでペースを戻す。

しかし、フラットなロードを淡々と走ることに飽きてきた。気分を変えるためにサザンビーチを過ぎてサイクリングロードへ。海岸沿いの方が風が弱くて走りやすい。退屈でペースを上げて早く終えたい所を我慢の走り。最後の1kmだけ5:02/kmに上げて2回目の30km走無事終了。

歩いていると急激に体が冷えてきたので江の島のマックで補給・休憩。江ノ電に乗って帰るかなと思いながらも、雨でずぶ濡れの状態で電車に乗るのは肩身が狭い。ダウンジョグも兼ねて走って帰った。

今回は、シューズは、adizero mana6、ソックスは
Drymax Running Hyper Thin Sport Socksを使用。adizero mana6での走行距離も200kmを超えてきて、だいぶ脚に馴染んできた印象。初めて履いたときは反発が強くて長い距離走ると脚が参っていた。成長したのかな。

今回の30km走は、ほぼ設定ペース通りで終えることができた。その後、ジョグで10km近く走る余力も残っていた。5:00/kmと5:15/km。15秒のペースの違いでこうも差がでるものなのね。



関連記事
大田原マラソンに向けて30km走3(2013-10-26)
大田原マラソンに向けて30km走(2013-09-24)
大田原マラソンに向けて(2013-09-19)
大田原マラソンにエントリー(2013-06-05)

ブログランキングに参加しています。
役に立ったよ!という方はワンクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
posted by adaret at 09:39 | Comment(0) | 大田原マラソン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...