Top > ブルベ(2013) > BRM1012千葉400kmハート〜完走記
2013年10月15日

BRM1012千葉400kmハート〜完走記

風邪を押して出たBRM1012千葉400kmハートの完走記。ゴールから2日経っても体調すぐれず。だいぶムチャしてしまったようで。

20131013.JPG

前日〜スタート前まで


木曜の昼ごろからノドに違和感を感じ始め、金曜になると扁桃腺が腫れて熱っぽく。完全に風邪だ。。明日の朝にはよくなっていると信じて、仕事を終えてから、大洗へ直行。

3連休の前日だからか、首都高速が激混みで。小菅JCを超えるまでかなり時間がかかり、大洗まで4時間近くかかった。途中、友部SAで夕食。食欲もなく、磯うどんのみ。

今回の宿は、旅籠屋 水戸大洗店。アメリカのモーテル的な佇まい。駐車場と部屋が近く、部屋も広くてなかなかよい。値段も繁忙期でなければ5000円/泊と比較的リーズナブルだし。

ロキソニンを買っておこうかと宿の人にドラックストアの場所を聞くが、一度部屋に入ってしまうと、もう体を動かす気力もなく、シャワーを浴びて23:15に就寝。

5:30に起床。扁桃腺の腫れは幾分収まった感じ。鼻づまりがひどく、節々が痛い。ノロノロと準備をして過ごす。自転車をブルベ仕様にしたり。

宿で提供される朝食のパンを3つ、4つをオレンジジュースで流しこむ。鼻がつまっていてまったく味が分からない。7:30過ぎに宿を出発。セブンイレブンでドリンクと補給用にソイジョイ2本を購入。

大洗海浜公園には7:50過ぎに到着。既にかなりの人が準備を進めていたが、2番目で受付終了。9:00スタートとなった。日射しがきつく、消耗を避けるために日陰で時間まで過ごす。ブリーフィング、車検と進む。

スタート〜PC1 セブンイレブン馬頭北向田店


(11:09〜13:52) 72.8km 予定:12:48着 実績:13:00着

9時前にスタート。心拍は走り出しから110を超えている。風邪のせいか、暑さのせいか。登り区間に入るまでは心拍を130までに抑えて走ることにする。要はサイクリングペース。

スタートして数分。1つ目の信号の手前で前輪がパンク。。2日前にパンクしたのと同じ場所。BRM706千葉600km茂木クラシックの時もパンクに苦しんだ。千葉ブルベは相性悪いのかななんて思いながらチューブ交換。空気圧が高い時にパンクしているような気がしたので低めに。

作業している間に最後尾になった。前輪に不安を抱えているからさらにペースは遅く、しばらくは1人旅。10kmほど進んだ辺りで、コンビニ休憩している2人組をパス。

ほどなく追いつかれ、微妙な距離を保ったまま先行。293号線に入るまでは交通量も信号も多く、ストレスだった。38.5km付近のセブンイレブンで予定通り休憩。風邪に暑さも加わり、既にバテバテ。風邪からくる節々の痛みが、ペダルを回していると気持ち悪くなってくる。

SRがかかっていなかったら、まず出走してなかったはず。無理してスタートはしてみたが、体調は思っていたより悪い。DNFが頭の中にチラつき始めるが、PC1までは行ってみようとリスタート。

293号線は、田舎道で割りと好きな雰囲気の道。登り基調だが、勾配はさほどきつくもなく。が、やはりきつい。この辺の旅館で1泊してゆっくり過ごすのも悪くない、と甘い誘惑が。。

SR取得を今年の目標に掲げたからには、これがラストチャンス。走れる状態でのDNFは、やっぱりできない。PCのクローズタイムに間に合わなければ?それは仕方ないだろう。

走れる限りは、行ける所までは行ってみる。関門に引っかかることもわずかに期待して。という方針が自分の中で決まった。

そんなネガティブなことを考えながらPC1に到着。予定より12分遅れだが、しょっぱなのパンクで20分ほどロスしているから、予定より早く走れている。昼はカレーとコーラ小。カレーでさえ味が分からない。ただエネルギー源としてかきこむ。ルル内服液やらユンケルの錠剤やらも飲んで。

ガリガリ君も食べてみるが、これも味分からず。ゆっくりしているうちに、さきほどの2人組は後からきて、先に出ていった。

PC1〜PC2 セブンイレブン会津島田新町店


(13:34〜19:20) 154.6km 予定:18:45着 実績:18:22着

相変わらず節々が痛い。ロキソニンがないのは大失敗。ドラックストアを探す。コースを外れる気力はないので、コース上にあればという消極的方法で。と、ほどなくして発見。薬剤師のいない店だったためロキソニンはなかった。眠くならない痛み止めということで、勧めてもらったクスリを迷うことなく購入。聞いたことがない商品名。

店先で1錠飲んでリスタート。ダラダラとした登りが続く。しかも向かい風。大田原市街を通過し、塩原方面へ。ここで3人組に追いつき、少し距離を置いてついていく。この頃には、クスリが効き始めて節々の痛みは気にならなくなった。

3人組をパスして1人で前へ。塩原に近づくにつれ、風の勢いが増してくる。前に出たのをちょっと後悔。。楽しそうな千本松牧場を横目に通り過ぎる。何人か参加者が休憩しているのも見えた。

勝手休憩を予定していたセブンイレブンへ急ぐ。時折、遠くに参加者の姿が目に入り、遅れを少しずつ取り戻せているのが分かる。ほどなく閉店しているセブンイレブンを発見。まさかこれが目星をつけていた所では。。

いや、その先に見つけて一安心。標高も上がってきて、寒くなり始めていたため、セブンイレブンでアームウォーマーとニーウォーマーを装着。風が一段と強まり、地面に置いていたアームウォーマーが飛ばされてしまうほど。ホットコーヒーとプリンを食べてリスタート。

ここから本格的な登り。勾配はそれほどきつくないが、向かい風が。。道は細く交通量がそれなりにあるため慎重に。それでも、川沿いの山道はなかなかの景色で楽しめた。塩原温泉を過ぎ、日光市に入る辺りで、さきほどの3人組の他、何人かをパス。

登りパートを終えて、下りに入る前にウインドベストを着る。もう暗くライトは点灯済。わずかに雨が降っているが気になるほどではない。そのうち小降りになるだろうと下っていくが、逆に雨量が増してきた。PC2に着く頃には体が完全に冷えてしまった。

PC2では、かなりの数の参加者が休憩中でだいぶ遅れを取り戻せた感じ。コンビニの中の方が、外より暖かく、しばらく店の中にいたい気分。焼きそばとワンタンを食べて、クスリを飲む。クスリはかなり効いている。ホットコーヒーにスタッフの方からいただいたお菓子も食べた。しかし、味がまったく分からないので気分だけ。

ウインドベストからゴアテックスの雨具に変更。グローブも指切りから冬用へ。ネックウォーマーも。ヘッドランプは、ヘルメットに固定できなかったため首にぶらぶらと下げて。

早く着いた貯金分を全て吐き出すほどゆっくり休憩。雨はいつの間にか止んでいた。

PC2〜PC3 セブンイレブン白河女石店


(15:06〜22:48) 206.6km 予定:21:41着 実績:21:40着

体の冷えが落ち着いた所で、リスタート。もう景色は楽しめないので、ひたすら進むのみ。クスリのおかげで痛みからは開放されている。現金なものでもうDNFのことは考えなくなっている。

ほどなく登りパートへ。ピークは1000mほど。標高差は約500m。それほど大きな登りではない。勾配は緩く、ダラダラとした登りが15kmほど続く。道幅は広く、開放的。ピークに近づくと勾配はきつくなるがそれでも10%ほど。その区間は長くないから我慢できるレベル。ピーク付近で何人か抜いて、甲子トンネルへ。

甲子トンネルは全長4000m以上。風が遮られるので走りやすいが、トンネルの切れ目は強烈な横風でハンドルを取られる。トンネルを終えてもPC3までずっと下り基調。惰性にまかせて下っていく。4号線に入る所で間違えて直進してしまったが、すぐに気づいてルート復帰。

PC3到着。ホットサンドとエクレアを食べる。休憩がずっとセブンイレブンなので、変化がなくて飽きる。まあ何食べても同じなのだけど。味は分からないのだから。

PC3〜PC4 セブンイレブン福島平田店


(16:36〜2:00) 255.4km 予定:0:21着 実績:0:33

4号線は交通量が多い。大型トラックが頻繁に通り、あおられる。信号も多くて、ペースが上がらない。須賀川の市街を通り抜けて、再度山間部へ。交通量がガクンと減って落ち着いて走れるように。

前の人に追いつくでもなく、後ろの人に追い抜かれるでもなく、延々と1人で走り続ける。鼻で息ができないため、ずっと口呼吸。ノドがやたらと乾くのが不快だ。

あまりに参加者の姿がないので、道が合っているのか不安になる。GPSのルートに従っているので間違っているはずはないのだが。。

結局だれにも会わないままPC4に到着。PC4では数名の参加者が休憩中でほっとした。コーヒー、おにぎり、ヨーグルトというよく分からない組み合わせ。味が分からないから。

いわき方面から来たタクシーの運転手さんに声をかけられ、「7、8台自転車いたかな」と。もしかしたら追いつくかもと少々色気が。

PC4〜PC5 セブンイレブン大子池田松沼店


(19:23〜7:56) 343.5km 予定:5:25着 実績:5:31着

ここまで来るともう完走するしかない。次のPCまで90km近くあるので途中で休める場所がうまく見つかるか不安は不安。コンビニはないと思っていたが、古殿町にセブンイレブンがあった。ここは、PC4から30kmほどしか走っていないのでスルー。

古殿町から先はしばらく登りが続く。距離は13kmほど。ここも落ち着いて登れる緩やかな勾配。ピークに近づくにつれ、道幅は狭くなり、勾配もきつくなるが11%まで。この辺で、数人追い抜く。Edge 500から電池残量の警告音が。

PC5まではもつだろうと期待していたのに。ピークで停止。距離にして300kmちょっと。15時間強で残り3%だった。

つい手前で追い抜いた女性が停まって声をかけてくれた。「充電するだけなので先行ってもらって大丈夫です。」と伝えるが、待っててくれる。話しながら充電仕様に変更。リアの変速がきかなくなり、フロントだけでここまできたそうだ。気の毒だがすごい。。

リスタート。ゆっくり下るが、体重差があるのでどうしても先行してしまう。ライトが見える範囲の距離は何となく保つようにしてしばらく進み、ピークで抜いていった人達を再度追い抜いた所で、もう大丈夫だろうと気にせず先に進むことにする。ひどかったかな。。

明け方が近づき、冷え込んできた。気温計は8度を示している。温かいものを求めてひたすらPC5を目指す。結局、電池交換のために停まった以外は休憩なしでPC5到着。星空を堪能できた区間となった。

おでんとおにぎりを食べる。味覚が少し戻ってきて美味しく食べれた。24時間起きているので眠くはないが、後頭部が重い。クスリ投入。

道中、唯一の写真。自転車を入れる気力はなかった。。

20131015-2.JPG

20131015-3.JPG

PC5〜ゴール


(21:08〜12:00) 410.2km 予定:9:39着 実績:9:23着

ゆっくり休んでからリスタート。基本下り基調だが、ちょこちょこ登り返しもある。走り始めて間もなく、今度はeTrex 30の電池残量の警告音。30時間もつはずなのに。。予備の電池は持ってきていなかったが、運良くあったセブンイレブンで電池交換。

あとは大洗に帰るだけ。410kmの10kmが余計だなあなどと思いながら進む。この区間、前半の記憶があまりない。往路と同じ道に合流してからは、こんな店あったな、もう少し行くとあの店か。この坂を登った先には過ぎると川があったようなと、どうでもよいことを考えながら。

段々と気温が上がってくる。停まる気力がなく、夜間仕様のまま。とにかく早くゴールに辿りつきたい。クラクションを鳴らされること2、3回。蛇行してないと思うが。何なんだ?

最後の川沿いの道は、ひいひい言いながらこなして残り数km。遂に帰ってきた。昨日の今頃はパンクしてチューブ交換していた。その場所も超えて、大洗海浜公園の駐車場に向かってゆったり漕いでゴール。

24時間23分で無事?完走。

ゴール後


シャワーがあったので(水だけど)、ざっと浴びて着替えを済ます。親子丼とコーラをいただいたりしている間に、助けてもらった女性も無事到着。挨拶して、少し話した後、ベンチで仮眠。30分寝るつもりが15分しか寝れず。

睡眠不足でかなりボーっとしてるが、遅くなると渋滞しそうなので、メガシャキ飲んで、帰路へ着いた。友部SAに何か食べるつもりで立ち寄る。さっき親子丼を食べたからさほど空腹でもない。思考がぼけている。結局ソフトクリームだけ。3時間ほどで帰宅。帰りは早かった。

関連記事
BRM1012千葉400kmハート〜速報(2013-10-13)
BRM1012千葉400kmハート〜目標タイム(2013-10-11)
BRM1012千葉400kmハートにエントリー(2013-09-02)
BRM706千葉600km茂木クラシック〜完走(2013-07-08)

ブログランキングに参加しています。
役に立ったよ!という方はワンクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
posted by adaret at 20:03 | Comment(0) | ブルベ(2013)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...